株式会社パシュート

サービス事例

地域の自然資源でこどもの探求心を育てる!アウトドア自然体験【三重県いなべ市】

地域の魅力ある自然フィールドを活かして、ファミリー向けにネイチャーウォッチングや火おこし体験イベントを実施しました。自然体験を通じて、子どもの冒険心や自主的な探求心が育まれます。また、家族で協力してアクティビティにチャレンジすることで、家族で充実した時間を過ごすことができ、地域への愛着や住み続けたい町と感じてもらうことができます。定員12組に対して100組以上の応募がありました。

イベント概要

【イベント名】いなべアウトドア自然体験
【会場】いなべ市 立田公園
【開催日】2022年3月12日(土)10:00~15:00、3月13日(日)10:00~15:00
【対象】市内在住で小学生を持つ家族
【参加人数】各日6組 25名(合計12組50名)
【募集方法】一般公募による抽選(市内小学校チラシ配布)
【協力】名古屋テレビ放送株式会社(メ~テレ)※キャンプ番組WEBメディア「ハピキャン」
    カールツァイス株式会社

いつもと違う世界!双眼鏡と顕微鏡を使って「ネイチャーウォッチング」

ドイツ生まれの光学機器メーカー「カールツァイス」製の双眼鏡を使って、公園を囲む自然遊歩道を散策。また、高性能の顕微鏡も使い、公園内の雑木林や池に暮らす生きものを観察。「カールツァイス」のスタッフのガイドで里山の植物や生きものを探しながら、今まで気がつかなかった地元の自然の魅力や命のきらめきを体験。

「火おこし体験」とファミリー対抗「湯沸かし選手権」

キャンプ番組WEBメディア「ハピキャン」でも紹介されたキャンプコーディネーター「さくぽん」とキャンプの妖精「ナイスキャンプマン」が火おこしを楽しくレクチャー。火おこしができるようになったら、湯わかし競争に挑戦!家族で力を合わせて、公園の中から火種になるものを探したり、風向きを考えたり。子どもだけでなく大人も大興奮の、忘れられない思い出づくり。

「アウトドア・リビング」で地元食材を使った青空ランチ

焚火を囲んで家族ごとにタープを張れば「アウトドア・リビング」が誕生。アウトドアスタイルの食事で、非日常を体験。今回のメニューは、地元飲食店のお弁当とオーガニックの柑橘ドリンクで、地元の食の美味しさも再発見。デザートは、焚き火で焼きマシュマロ!

参加者の声

・双眼鏡を子どもに持たせたことがなかったので、とても新鮮で喜んでいました。探検隊になった気分でした。
・娘は顕微鏡を通して自然の世界にかなり興味をもったようでした。大人は子供に返ってワクワクしました。
・子どもの意見をくみ取っていただき、麦わら帽子の拡大も見せていただきました。家族全員で目を輝かせて、素晴らしい体験になりました。
・自然のどんなものが燃えやすいのか、どうすれば早く火をつけることができるかを必死に考えていた子どもの姿に感動しました。「ぼく、あれがあればいつでも火おこせるで!」と得意気です(笑)
・オール電化の世の中で、火をおこしてお湯を沸かすという経験は、とてもいい体験になりました。
・家族みんなで本気になって火をおこしたのが、とても楽しかったです。
・ゲーム感覚で楽しかったです。自宅に戻ってからも、じーじやばーばに話したりと大興奮の1日でした。
・人見知りで親から離れない子供たちが、伸び伸び過ごせました。
・私自身あんなに自然の陽を浴びたのは久しぶりでとても疲れましたが、それ以上に楽しかったです。
※ご感想の一部抜粋です

「アウトドアイベント企画事業」の記事

人気アウトドアスパイスで地域を活性化!「ご当地ほりにし」&キャンプイベントで地域プロモーション【静岡県島田市】

アウトドアスパイスブームの火付け役となった万能調味料「アウトドアスパイスほりにし」と、アウトドアを活用した地方創生に取り組む弊社が連携して進める「ご当地ほりにし」プロジェクトがスタートし、各都道府県に...

子どもと地方の未来をつくる「キッズサマーキャンプ supported by mont-bell」【長野県小谷村】

野外は子どもたちの貴重な学びの場。自然体験やアウトドアは五感が刺激され、心身を健全に育てるとともに、子どもたちの自主性や問題解決能力、コミュニケーション能力といった「生きる力」や「人間力」を養うことが...